学校進学を希望する場合の大学院について
学校進学を希望する場合の大学院について

学校進学を希望する場合の大学院について

今や学生でいる期間は昔に比べて飛躍的に長くなりました。20代前半での学生率も結構高く、高校生に至ってはほぼ8割から9割の人が進学しているのではないでしょうか。また、教育制度時代も大幅に見直しが行われ、昔は医学部も薬学部も4年制でしたが、今や6年制に切り替わっています。そのなると、必然的に学生時代は長くなりますよね。また、難関大学とかに進学を希望したり、受験に失敗したりすると、予備校という別の学校もありますから、浪人生活を得て、医学部に入るとなると、20代後半になるというのはざらにありうることになります。また、昔のように子供や兄弟姉妹が多いわけではありませんから、比較的両親も学業にお金をかけるのは厭わないですし、学歴社会でもありますから、よい大学に入ってよい就職先に行くためには多少の犠牲は仕方ないという風潮もあります。日本は比較的生活水準も高いですから猶更ですよね。やはり昔はすぐ働らいてもらい家にお金を入れて貰って下の子を養うということが普通でしたが、今は少子化ですから双方に余裕があるということでしょうね。今や学生でいたいからという理由から大学だけでなく、大学院へも進学する人もかなり多くなりました。

昔は学校といえば、大学まででしたが、今や大学院進学もかなり増えました。昔は大学院といえば教授を志す人や、かなり専門的な分野、学者を志す人をターゲットにしていたように思いますが、今や日本が就職難ですから、学生は新卒を名乗るために、大学を浪人したりもします。しかし、やはり浪人だと格好がつかないというので大学院に進学する人もいますよね。また、資格試験を受験しているが、長年かかるため、そのかたわら大学院に入るという人もいます。そういった側面からも大学院へ進学する人が増えました。では大学院はどのような人を目的にしているのかというと大学だけでは学べないよい高度な専門学問を身につけるだと思います。ですので、一般企業の営業職や事務職を希望するのであれば、大学院進学は逆に就職の仇になるかもしれません。大学院は立派な資格ですので、お給料もあがります。しかし、それほどの専門性を企業が欲しいのかというと違いますので、自分が行きたい職種によって大学院進学を考えた方がよいかもしれません。もちろん、理系関係、特に研究職などは今や大学院に行くのは当たり前の時代ですから、自分の行きたい業種、分野、企業のニーズを把握するうえで大学院の進学が有効か否かか判断するのが一番だと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2014学校進学を希望する場合の大学院について.All rights reserved.